うえは整形外科、橿原市、橿原神宮前、整形外科、リハビリテーション科

うえは整形外科

診療内容について

整形外科

骨・軟骨・筋・靭帯・神経・関節など運動器官の病気や外傷を取り扱っており、脊椎(首・背骨・腰骨)・脊髄、骨盤、上肢(肩、肘、手、手指)、下肢(股、膝、足、足指)など広範囲の部位が治療対象となります。
すり傷・切り傷・熱傷などの処置や縫合が必要である外傷も治療いたします。
当院では分かりやすい説明を心がけております。患者さまと相談し治療方針を決定いたします。手術が必要な患者さまには、奈良県立医科大学付属病院・大和橿原病院・平成記念病院などへご紹介させていただきます。

リハビリテーション科

肩こり・五十肩・腱鞘炎・腰痛症・くびの痛み・手足のしびれ・関節痛など運動器官の機能回復のために種々の機器を用いて治療いたします。沢山の光を取り込む明るいリハビリ室では最新の医療機器を備えております。詳細は院内設備のページをご覧ください。

レントゲン検査

整形外科の画像診断では基本となる検査です。関節の変形や骨折の有無など骨病変を調べます。また、軟部組織の腫脹や石灰化などの変化も調べることができます。
当院ではフラットパネルを使用し被ばく量の軽減に努めております。

超音波検査(エコー)

整形外科での主な画像検査はレントゲンやCT、MRIが主役を担ってきました。これらの検査はレントゲン被ばくの問題や、他施設(大きな病院)で検査予約をしなければならない、費用が高額などの問題がありました。しかし、エコー検査は手軽に侵襲なく何度でも行うことが可能で、費用もCTやMRIに比べて安価です。妊婦さんでレントゲン撮影ができない場合でも繰り返し画像評価ができます。最近ではエコーの解像度があがり、神経や腱などもはっきり判別できるようになってきたため、ますますその有用性が高くなってきております。
エコーの特徴としては、関節を動かしながら筋肉や腱などの動きの評価ができ、軟部組織や炎症部位の変化を繰り返し安全にフォローすることができます(例えば、腫瘍の経時的な大きさの変化や関節リウマチの炎症の変化など)。また、エコーを見ながら同時に治療(エコーガイド下穿刺や神経ブロックなど)することができます。

骨密度検査

骨密度検査は骨の強さを調べる検査です。骨密度が低下することにより、骨折のリスクが高くなります。特に女性の場合、更年期を過ぎるとホルモンバランスの変化が起こり、急激に骨密度が低下する場合があります。最近では、知らないうちに背骨が骨折し背中や腰が曲がってきて、日常生活に支障がでてくる「いつのまにか骨折」という言葉が生まれてきています。また背骨の骨折や太ももの骨折(大腿骨頸部骨折)は寝たきりの原因となり、死亡率の増加につながるとも言われています。早期に骨粗鬆症を発見・治療し、骨折を予防することが健康寿命を延ばすための秘訣と考えます。治療は患者さまの性別・年齢・骨密度・既往症などによりさまざまな薬がありますので、個々に適した処方をさせていただきます。

うえは整形外科

うえは整形外科

〒634-0051
奈良県橿原市白橿町2丁目2211-1
かしはら健康の森1F

Tel.0744-51-0806

診療内容

整形外科・リハビリテーション科